2019/06/19(水)沖縄そば

最近、沖縄そばを食べてあらためて「うまいなあ」と思った店がある

たまたま親戚の家に遊びにいった際、通りがかりに入った食堂である。

那覇市長田のとある食堂(この日休みだった)



昔ながらの「あんまあ」が切り盛りするいわゆる沖縄的な食堂

メニューがたくさんある中、結局選んだのは無難な「沖縄そば大」

通りに面した明るい席に着席し、5分ほど待っていると

「The沖縄そば」といわんばかりのドノーマルなそばがどんと

目の前に置かれる。

澄んだ豚骨カツオだしスープに、やや縮れのある中太麺、3枚肉1枚

ちきあげ(かまぼこ)1個というスタイル

そう、小さいころ慣れ親しんだあいつだ

一口食べてみる。。

ほっとする。

これよこれ、久しぶりに食った(この店始めてだが)けど

やっぱりこういうのがうまいよなー

昨今(といってもかれこれ20年)の沖縄そばの事情はいろいろ複雑だ

カレーや麻婆、香辛料などの辛い味付け、いろんな動物、魚の複雑な出汁

手打ち麺に数種類のつなぎ、無添加素材の使用、つけ麺的なアプローチ

若いころはしらなかったけど、宮古そばや大東そばなどの派生的なものも

あって、家族でよく食べ歩いたりしてきたが、ラーメンと同じような展開で

いつも驚かされる

ときどきそれらの”ニューウェーブ”な沖縄そばに感嘆することもあるのだが

やはり定番的に食べたくなるのは、いたって普通の沖縄そばだ

私の心の中にいつも存在する、その普通の「沖縄そば」とは。。。

弾力ありそうでないボソッとした麺と、これを湯通しして、シンプルなかつお出汁をかけ

具に丸かまぼこを切った1片と豚赤肉を煮たチャーシュー的な1片にネギ少々トッピングで

出され、紅ショウガと唐辛子をかけて一気に貪り食う

これがうまいんですよ

違う?
OK キャンセル 確認 その他