2021/04/04(日)SNSの活用

先日「山城まんじゅう」を買いに行った際も

びっくりしたが

コロナ禍の中、みな販売方法に四苦八苦

してるんだね

老舗の店でもこういうことやってる。。


yamagusuku.jpg



がんばってください

しかし、1個150円になるとは。。

2021/03/15(月)いか焼きそば食いてー

あんなに巷にあふれていた

カップの「イカ焼きぞば」

いまその姿を

スーパーやコンビニの売り場で

見かけなくなった(ことに気が付いた)

ネットで調べると

どうやら一昨年(2019年)販売中止に

なったようだ

そういえば、イカ自体もあまり見かけなく

なっているし、いか天はたまにつまみで

買っているが、結構価格が高いので

びっくりしたことを思い出した

「捕れないんだ」

そういえば「たこ」も見かけるが

とても手が出せない価格になってる。。。

いったい、国内のイカ・タコ漁はどうなってるんだろう


漁業関係者には余計なお世話かもしれないが

あまり社会的ニュースにもなっていないようなので。。


それにしても、俺が魚介でも最も好きなイカ、タコの


ことなので、非常に心配だ

「関西系粉もん信奉者」でもある俺にとっては

重要な事態である


ちなみに、イカ・タコをネットで調べていると


魚介類の中でも「頭足類」という分類に

なっていることが判明

なるほど。。。

どちらも「頭」と「足」の2頭身^^

ともに墨を吐く親戚

いかん

いか焼きそば、無性に食べたくなってきた

 
38.jpg

 

2021/01/30(土)久しぶりの味と世代間格差

 
かれこれ30年ぶりなんじゃないだろうか
 
しょっちゅう店の前は通るが、なかなか自ら買う機会がなく

ほとんど立ち寄った記憶がない。。。

自分にとって、そんな場所だった「山城まんじゅう

首里城周辺の整備にともなって、お店自体や周辺が

かなり洗練され、おしゃれな感じになっている

昔は木造のきたない平屋で

買いに行かない理由のひとつだった記憶がある

中高生ぐらいになると、馬鹿な発想だと思うが

恥ずかしいから、小汚い店で買い物したくない

そんな気持ちでいっぱいだったように思う

しかし、今は「本質的なことを理解している」大人だ

今日ふと思い立って、「歩数稼ぎ」の途中で寄ってみた

すると、店は10時半開店のはずが、客の姿がまったくない

通常だと、開店前に数人並んでるのが日常だったと思うが

どういうこと?

入り口付近に張り紙があったので読んでみると

どうやらコロナの影響で購入は予約制となっており

来店者の立ち入り制限があるようだ

しょうがないので張り紙に書いてある通り

いったんLINEで予約し20分ほど時間をつぶし再訪問

やっと入手できたのがこれ↓

IMG_20210130_115330_HDR.jpg


折を開けると、さんにんの匂いが。。。なつかしい

IMG_20210130_115459_HDR (1).jpg


 
今は、那覇3大まんじゅう(こんなのあったんだな)の

ひとつと数えられているようだが

スーパーなどでもよくお目にかかる、儀保まんじゅう(のーまんじゅう)より

こっちのほうが好みだ


私は嫌いだが、「ムーチー」と同じ香りだったのがよかったのか

子供たちも、この昔懐かしい味を「おいしい」と

喜んで食べたのが意外だった
 
今は学校のレクで「ムーチー」作りをする時代

自分の子供時代とはずいぶん変わって

沖縄の伝統的なことを、私たちの世代より

数多く体験している

だが、あの食べにくい「ムーチー」

今の子たちが、ほんとに好きなのか疑問だけどね

そうそう

「タコライス」なんかも、美味いと思えないので

こういうのも、ちょっと「ジェネレーションギャップ」

を感じる


 

2019/06/19(水)沖縄そば

最近、沖縄そばを食べてあらためて「うまいなあ」と思った店がある

たまたま親戚の家に遊びにいった際、通りがかりに入った食堂である。

那覇市長田のとある食堂(この日休みだった)



昔ながらの「あんまあ」が切り盛りするいわゆる沖縄的な食堂

メニューがたくさんある中、結局選んだのは無難な「沖縄そば大」

通りに面した明るい席に着席し、5分ほど待っていると

「The沖縄そば」といわんばかりのドノーマルなそばがどんと

目の前に置かれる。

澄んだ豚骨カツオだしスープに、やや縮れのある中太麺、3枚肉1枚

ちきあげ(かまぼこ)1個というスタイル

そう、小さいころ慣れ親しんだあいつだ

一口食べてみる。。

ほっとする。

これよこれ、久しぶりに食った(この店始めてだが)けど

やっぱりこういうのがうまいよなー

昨今(といってもかれこれ20年)の沖縄そばの事情はいろいろ複雑だ

カレーや麻婆、香辛料などの辛い味付け、いろんな動物、魚の複雑な出汁

手打ち麺に数種類のつなぎ、無添加素材の使用、つけ麺的なアプローチ

若いころはしらなかったけど、宮古そばや大東そばなどの派生的なものも

あって、家族でよく食べ歩いたりしてきたが、ラーメンと同じような展開で

いつも驚かされる

ときどきそれらの”ニューウェーブ”な沖縄そばに感嘆することもあるのだが

やはり定番的に食べたくなるのは、いたって普通の沖縄そばだ

私の心の中にいつも存在する、その普通の「沖縄そば」とは。。。

弾力ありそうでないボソッとした麺と、これを湯通しして、シンプルなかつお出汁をかけ

具に丸かまぼこを切った1片と豚赤肉を煮たチャーシュー的な1片にネギ少々トッピングで

出され、紅ショウガと唐辛子をかけて一気に貪り食う

これがうまいんですよ

違う?
OK キャンセル 確認 その他