2021/04/22(木)ghost

Ghosts/Kansas

There's tombstone in a snowy field
Close by an old ghost town
The epitaph's been weather-blown away
There's a belltower where petitions peeled
It's been half torn down
But it must have softened every soul that came to pray

There's a schoolhouse full of broken glass
And wounded walls
The rusty swings like derelicts sleeping in the weeds
There's a picture-graduation class
Staring down deserted halls
"THE HOPE OF 44" is what it reads

It's just as if some restless wind blew their dreams away far away
It's just as if those dreams had never been but oh-
I feel their ghosts around me now- I hear them say
They've come back home to dream those dreams again



Produced By
Bob Ezrin
Written By
Bob Ezrin, Steve Morse & Steve Walsh



In the Spirit of Things (1988)

In the Spirit of Thingsは、1988年にリリース
されたアメリカの ロックバンドKansasによる11枚目の
スタジオアルバムです。
これは非常に大まかに編成されたコンセプトアルバムであり、
1951年にカンザスの本物の都市ネオショーフォールズを
襲った洪水の物語です。


雪原で墓石があります古い幽霊の町の近く
墓碑銘は風に吹かれていました
嘆願がはがれた鐘楼があります半分取り壊されました
しかしそれは祈りに来たすべての魂を
和らげたに違いありません

壊れたガラスでいっぱいの校舎があり
負傷しています壁の
雑草の中で眠っderelictsのようなさびスイング
画像-卒業クラスあります
ダウンを見つめるが、ホールを捨て
、「44 OF HOPE」は、読み込むものです

これは、いくつかの落ち着きの風が遠く離れて
自分の夢を吹いた場合と同じようにだ
それはそれらの夢を持っていたかのようにです
行ったことはありませんが、ああ-
私は今私の周りに彼らの幽霊を感じています
  • 私は彼らが言うのを聞きます
彼らは再びそれらの夢を夢見るために
家に帰ってきました

 

2021/04/13(火)巣立

sakura-202103.png





ちょっと話があると

珍しく娘のほうから声をかけられた

なんとなく事前に嫁から聞いていたが

GW明けより「東京」に移住したい

と言い出した

勤めている今の会社は退職せず

とりあえず体だけ東京で

仕事はリモートでできるらしい

ただ金銭面で不利なので

将来的には退職して別の仕事を探したい

との考えらしい

会社にはもう説明し、承諾を得ているとのこと

こいつにしては首尾よく段取りできてるな

と感心してたら

この話、衝撃的な「尾ひれ」がついていて


どうやら、ひとりで生活を始めるということではなく

東京在の彼氏といっしょに暮らす。。

ということである


堂々と「同棲」生活を始めるとの宣言だ


結婚する気があるのかと聞いた

今は考えていないとの答え

う~ん

「普通の親」なら、こういう時期でもあるし

とことん反対するのだろうか

しかし、正直、こんな小汚く気の利かない娘と

一緒に暮らしてくれる男がいるのなら

ラッキーだとも思っている自分がいる。。

それと、60も間近い年齢からなのか

あわよくば、「孫」の顔が見られる

などと別の妄想を。。^^;


結局、もう大人なんだし

親の俺たちが口出しすべきではないだろうと

「寛大な気持ち」で見送ってやることにした。

考えてみると、そもそも普通の「親らしい」こと

なにひとつしてやれなかった俺に

反対する資格はないのかもしれない

だからこそ、こんな娘でいいのか?

と彼氏のほうに申し訳なく問いたい気分だ


これってちょっと変な考え方?

同じような年齢の娘のいる同僚に訪ねてみたら

びっくりしたことに

彼らも、俺と同じ考え方だった

いまの若い女子はいったいどうなってんだ?

という話で盛り上がった


とはいえ、二十数年いっしょに暮らしてきた

娘が赤の他人の男と暮らすことになるのだ。。。

ちょっと複雑な気分


いまは不思議と「寂しい」思いもないが

いなくなってから急激に「寂しく」なるのかも


いまは、やっと親からの「巣立」を迎えたことを

誇りに思い、感慨深くかみしめることにする。
 

2021/04/04(日)SNSの活用

先日「山城まんじゅう」を買いに行った際も

びっくりしたが

コロナ禍の中、みな販売方法に四苦八苦

してるんだね

老舗の店でもこういうことやってる。。


yamagusuku.jpg



がんばってください

しかし、1個150円になるとは。。
OK キャンセル 確認 その他