2021/07/17(土)何回目かな

 

最後だと思ってたら

今年11回目が開催となった

「午前10時の映画祭」

 

昨日、「2001年宇宙の旅」を

おそらく30年ぶりぐらいに

スクリーンで観た

 

この名画だが、もう何度映画館でみたのかな

最初は1983か1984年の80年代前半

会社の先輩に連れられての銀座有楽町だったと思う

たしか、パンフももってるはずなので

あとでしらべてみよう( ..)φメモメモ

でもたしか途中で寝たような記憶が。。。^^;

それから何度か名画座のような場所で

見に行った記憶がある

VHSやDVD化された販売媒体

TVでの放送などを入れると

50回以上は観ているはず

一昨年はクリストファーノーランが監修した

オリジナル原版からの70mmニュープリント版が

国立映画アーカイブで上映され話題になった

640.jpg

これ行きたかったなー

コロナ蔓延の影響があるとわかってたら

絶対に上京して見に行ったのだが。。

  

とまあこんあ感じで思い入れは強い映画

よくまあ飽きずに見れるもんだと

自分ながらに思うのだが

実は随所話の内容がわかっているだけに

見るたびに新しい細かい発見もあるんだな

今回は、次のような発見が

  • 入場時のBGMも実はサウンドトラックの一部であった

  • 月面移動船で食事中のデッキパネルに、すべて差し替えたとされる「IBM]のロゴが

  • インターミッション中にトイレにいったが、5分もたっていないのに再開されてた

  • 3部の「JUPITER AND BEYOND THE INFINITE」の光の奔流の場面で寝かけた

 

この映画に関しては、割と重箱の隅まで情報露出されてるので

おそらく、このようなことマニアには周知のことと思われる

いま自分は事前情報収集せずに映画を視聴することを

モットーにしているのだが

自分で見つける楽しみを今後も満喫したい

おそらく、この映画は、今後も映画館で興行がある都度

足を運ぶと思う。  

2021/06/18(金)古くて新しい

最近、久々に気になる海外「バンド」

Khruangbin

読めない^^;

クレアンビン

と読むらしい

こんな感じ↓

全体的にコンセプトなんだろうが、サイケっぽく

カートコバーン似の兄ちゃんが独特の節回しでつま弾く

ギターの音色

ムチムチの色っぽい子が弾く、まとわりつくベースもgood

2021/04/02(金)ロンバケ40周年

longvacation.jpg


おなじみのジャケット

なんと今年の3/21で発売40周年

やはり買ってしまった(^^;

『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』

しかし、40年とは。。つくづく年齢とったなー

オリジナル発売は、1981年の3月

高校2年に上がる春だった。。

自分の人生の中で

一番気楽で楽しかったころだ

確か貸しレコード屋で借りて

クロームテープに起こして

擦り切れるまで聞いたっけ。。。

「大瀧詠一」というアーティスト

「ナイアガラ」レーベルを知った

きっかけでもある

ほかの作品も聞きまくったなー

「ナイアガラトライアングルvol2」も

ロンバケがヒットした翌年大ヒット

そういえば、この投稿しながら

ロンバケのCDは複数枚持ってるのに

レコード盤を持ってない(買ってない)

ことに気が付いた

自分でもすごく不思議だ。。。

確か、翌年1982年の国内CD化の

第一号だったことも関係してるのかな。。

しかし1983年発売の「EachTime」は

就職した東京新宿で、レコード買ってるんだけど。。

そんなことを思い出しながら

いまだに聞き続けてる

名盤中の名盤であるが

あー。。俺50周年まで生きてるかな?
 
 

2021/01/03(日)口実

12月の「歩数稼ぎ」はこのように。。


20201231-1.jpg


 
この調子で「目標」を10万歩にするべきか

ちょっと悩んでいる

いまは、なにか「歩く」ための口実があると

「実践」できている実情がある


月2回は、90歳を超える叔母の家に「様子見」がてら訪問する


これがいまの「口実」である


逆にこの「口実」がなくなった時が怖いので
 
早めに、ほかの「口実」を見つけたいと考えている

2020/09/21(月)ライブの名盤!

30数年ぶりに,CDで手に入れたライブの名盤

Greg Mathison Projectの「Baked Potato Super Live!」





かれこれ高校生のころ

地方ラジオ局(ラジオ○○)の名物DJだった故高良茂の番組で

1曲目「Bomp Me」を県内ではおそらく初めてオンエアー

たまたまこれを聞いていた私は

・ひずみまくってるギター
・縦横無尽のキーボード
・全面に出まくってるドラム
・跳ねる跳ねるベース

にノックアウト。。鳥肌立った

こんな音楽あるんだなーとしみじみ感動

これまた名盤だった「TOTOⅣ」発表前後の

TOTOメンバー2人(ルカサー、ポーカロ)の仕事が

なによりすばらしい!

翌週、レコード店で確認し

貸レコード屋(死後)で速攻GETし

カセット録音した覚えがある

てなわけで

良いものはいつまでたっても色あせない

30年以上たっても、この音が忘れられず

この年になってCD購入

いまだにCDで流通していることに感謝と驚き

さらには、このアルバムって日本だけで販売

されていたことに改めてびっくりしたよ。

Seven Samurai

2020/02/24 趣味映画
昨秋の「砂の器」に続いて、いってきました
「午前10時の映画祭10」

本日令和初めての天皇誕生日ということで祝日

上映予定を知っていて、かれこれ3か月前から楽しみにしていたんだが

いま、世の中は「新型肺炎」蔓延で不要不急の外出を良しとしない状況

もともと今日の観賞を狙っていたんだが、行くかどうか直前まで悩んで

結局決行することにした

例によって「朝10時」からひとり観賞だ

見た映画は巨匠黒沢明の「七人の侍」4Kデジタルリマスター版



7sumurai-2.jpg
七人の侍のラストシーン



この映画インターミッション(休憩)挟んで207分ある長時間映画だが

インターミッションを挟む映画といえば「2001年宇宙の旅」以来だ


実はこの映画もスクリーンを通してみたことなかったので。。

絵も音声もきれいになって、感動

序盤、農民に雇われることになって、白米の器を受け取る志村喬のシーン

白米がより白く印象的に映り、うまそうに湯気を立てている。。。(ビデオだと気が付かなかった)


農民の左卜全がしゃべっている声、まったく聞き取れなかったが、明瞭に聞こえる

夜中一人敵中に出向いて鉄砲(種子島)を1丁奪い取ってきたあと、木村功に

「あなたは素晴らしい人だ」と尊敬のまなざしで言われたあと、にやっと笑う宮口精二の顔

そして有名なラスト、志村喬の「勝ったのはあの百姓たちだ」

きれいになった白黒の映像明瞭となった音響の中で

もうなにもかもが輝いて見え、知らず知らずのうち泣けてきた。。

とりあえず、自分が生きているうちにこの間違いない名作をスクリーンで

観賞できたことに感謝!